12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-20 (Mon)
秋です

秋ですね。

水内喜久雄さんが、中日新聞に連載したコラムが本になりました。
「ステキな詩に会いたくて」(小学館)
54人の詩人のエピソードが載っています。
わたしもさいごのほうに載っています。

素敵な死にあいたくて

コラムの件で、水内さんにお会いしたのは、ちょうどパソコンが壊れてパニクっていたときで、水内さんに会い、その足で、新しいマックをかかえ銀座マックに行かなくちゃなんて思ってた。

本をひらくと、谷川俊太郎氏、まどみちお氏、新川和江氏、茨木のり子氏とつづき、尊敬し、敬愛する大詩人たちのあとに、気まずそうに私の名が載っている。ときどきこんなふうに大詩人にまじって詩が載ったりするのだが、ことの重みを認識できず困ってしまう。どこまでもドジなのだ。
いいかげん、腹をすえなければとおもう。けれども、もって生まれた土着の精神なのか「こっぱずかしくて」穴があったら入りたい。

祭り/人静かな久慈もこの日ばかりは人、人、人・・・じっと山車を待つ

さて、秋祭り。

だし2

ひさしぶりで久慈の祭りを見る。
父も母も祭り好きだった。
家にはごろごろと祭りの人形の作りかけがあったりして、当然私たち子どもも
小さいときから祭りにでた。
稚児

姉とふたりで、冠もかぶったし、小学校の間は「金棒引き」をやったし、中学は山車を引いた。
ようするに祭り女なのだ。太鼓の音も笛の音も大好き。祭りのあとのうら寂しさもまたよかったりする。
かなぼうひき
スポンサーサイト
| 絵本を胸に本を手に(京コ) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。