FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-21 (Thu)
 ぼくは、花豆ちゃんが好き。花豆ちゃんをずうーっと見ていたい。花豆ちゃんはぼくのことどう思ってるんだろう? ときどき気になる。花豆ちゃんがさやからとびだすとき、ぼくはあんぐりと口をあけて見とれてしまう。「よだれ、たれてるよ」て、きつねさんに笑われるけど、しょうがないんだ。うっとりしちゃうんだもの。

花豆ちゃん
花豆ちゃん
 
 ぼく、口べただから、何にも言えなくなっちゃう。いつか花豆ちゃんと話ができたらいいな。そしたらぼく、花豆ちゃんがどんなにすてきか、いっぱい話してあげたい。だから神様にこっそりお願いしてる。よだれがたれないように、ちゃんと話ができるように。キツネさんとタヌキさんには内緒だよ。だって、だれにもふれてほしくない大事な秘密なんだ。

花豆はなちゃん
花豆ちゃん
 
 ぼくの詩のお師匠さんも花豆が大好きなんだ。(食べるほうだけど)
 お師匠さんの住んでいる奈良を訪ねたとき、二人で室生寺さんをお参りした。土産物屋の店先に花豆が置いてあって、お師匠さんが「あら、買ってかえろうかしら」と言い、「わたしね、お豆ことこと煮るのが好きなのよ」とにっこり。
 ぼくもおんなじ! うれしくてさ、そんときもやっぱり、口をあんぐりあけてもとにもどらなくなっちゃった。よだれはでるし、涙はでるし、どうにもならなくてさ・・・
 お師匠さんは目をまん丸くして、ぼくをぽかんと見ていたけど、ぼくの手をとるとぎゅっと抱きしめて、人のいない木陰につれてって休ませてくれたんだ。
「いいのよ。いいの。こんなこと、なんでもないの」そういってぼくの背中を何度もなでてくれた。
 お師匠さんはぼくのことを大切におもってくれている。ぼくはそれで、ずいぶん勇気をもらってるんだよ。

お豆さん
花豆ちゃん

 ぼくの畑には豆がたくさん植えてある。
枝豆の根をひっこ抜いてみると、コブみたいなのがあるだろう。それ根粒菌というの。この根粒菌が微生物のすみかで,植物の栄養分の窒素をつくってくれるんだ。つまり土をよくするんだね。豆の力ってすごい!
 
 
スポンサーサイト
| 畠日記(クマのお吉) | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。