12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-21 (Wed)
にわかに脚光をあびた美人海女、
ことしも海女フェスティバルがやってきまーす!

ここ10年あまり、海女フェスティバルを見続けているわたしとしては、
去年のさわぎは、いったいどういうことよ、とおもうけど、小袖が脚光をあびることは、うれしい。

小袖トンネル宇部町から小袖に入る
海女センター

久慈に美人がなぜ多いのか???
久慈に転任した関西出身の高校教師の推理、推測は、
 むかしむかし、久慈の沖のあたりで、お公家様をのせた船が遭難し、命からがら助かった人がこの辺に住み着いた。先生いわく、女子にかぎらず男子生徒も顔立ちが、なーんか、きれいなんだそうだ。ほんとかいな?
 とはおもうけど、実際、この辺では、浜の人はほりがふかく、顔立ちがきれい、が通説。  
 ただし、声が大きく言葉が乱暴なので、私が子どもの頃は恐くてひとりじゃ行けないところでもあった。大人になってみると、浜の人ほど、気前のいい人はいないと思う。ごうかいに海の幸をくれる。先生もご多分にもれなかったようで、ウニもイカもどっさりくれるんだよね、あんなに気前のいい人って、めったなことではいないなどという。また、久慈に赴任したいなあ、なーんて言っていた。
もぐるこの手前で海女さんがもぐってウニをとる
夫婦岩

 小袖には、女たちによる「小袖大漁歌い込み」が郷土芸能として唄い継がれている。初めて聞いたとき、魂がゆさぶられるような感動をおぼえた。
 唄い手である大久保エキさんに、だいぶ前に話をきいた。
「わたすの父は船頭でした。子どもの頃は、朝、昼、晩と定置網の船が出だもんです。今どちがって、まぐろが百匹二百匹ととれ、それは賑やかでござんすた。大漁のとぎは、沖から男だちがこの唄をうたって知らせたもんです。浜でまっている女や子どもや年寄りがみんなで浜に出て、沖の船にむかって唄を返したものです。浜と沖で太鼓をたたいたり踊ったりして、大漁を祝って唄ったのがこの唄です」
 大漁歌い込み、むかしをしのんでぜひきいてね!
漁港小袖の港

前日の7月31日は十府ケ浦で花火大会もあるよ~。
海の花火は、情緒満天!
十府ケ浦十府ケ浦
ウベ野田街道宇部 こんなところを通って海に出る

スポンサーサイト
| 塩の道草(京コ) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。