12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-04 (Tue)
 OSONOちゃんが盛岡からバスに乗ってやって来た。ぼくは、山形村ガタコン駅でOSONOちゃんを出迎える。一路バッタリーへ。昨日の寒さもなんのその。今日は晴天とはいかないけど雨があがってまずまずの天気だよ~ん。

すみれこんなかわいい花籠が迎えてくれるよ

 バッタリーに着いたら、木藤古さんがぶらぶらしていた。OSONOちゃんを紹介する。祭日なのでさぞかしお客様で込み合っているだろうと思ったけど、だーれもいなくて、のんびりのんびり時間をすごす。

うさぎかわいいウサギ

 ミニブタとうさぎのお庭で、おしゃべりに花が咲く。ぼくがここに始めてきたのはいつだったかなあ?15年ぐらい前かなあ。盛岡大の菜穂美さんに誘われて来たのが初めて。弘前大や北里大の学生さんや、関西から来た料理人マックスなるおもしろーい若者もいたっけ。あれから、ずいぶん時が過ぎ、バッタリーは一躍有名に。けど、木藤古さんは変わらない。探究心、と好奇心はますます旺盛で、ぼくもOSONOちゃんも話がつきない。

アイガモいろいろいるね。ミニブタもいるよ!

 木藤古さんの作った木の皮の花カゴを、OZONOちゃんに見せたかったんだ。木の皮の風合いが素敵なんだ! オニグルミやコガ(サルナシ)やアズキナスなど、いろんな木の皮を使って作ってるんだって。

はなござござとドッキングの花籠

 今、熱中しているのは独楽なんだって。たくさんたくさん、あった。大きいのも、小さいのも。試しに回してみる。まわった! まわった! ほんと、よく回る。

こまおそのこまびっくりだなあ!OSONOちゃん上手!

 木藤古さんの作っているものは数限りなくあるので、紹介しきれないけど、ぼくが前から気になっていたのは、『がまむしろ』これは木藤古さんが、お父上から受け継いだ伝統の技。とても貴重なもの。よかった! OSONOちゃんも感激したみたい。ついつい長居して、おまけに杖までもらっちゃった。木藤古さん、ほんとうに、ありがとう!!いつまでも、元気でね。
 豆つぶ天然堂で木藤古さんの作品を紹介するので、そちらも見てね
スポンサーサイト
| 塩の道草(京コ) | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。