12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-02 (Fri)
 今日は海にいきたい気分。そうだ!海にいこう!!

ていぼう
 この向こうにぼくの海がある。父さんが愛した海だ。夏になるとぼくはここでまっくろになって遊んだ。あっっと! ぼく、もともとまっくろだった。へへへ。
海1

 だれもいないからいつもここでぶらぶらするんだ。きこえるのは波の音。河口ちかくでタカがピュ~ヒュルル~と鳴いている。カモメが波の上をとんでいる。
海2

 砂浜をどこまでも歩く。河口にたどりつくまで。河口は生き物のように姿を変える。竜が泳いでいるみたいに来るたびに大きく変わる。2週間こないうちに河口が30メートルも移動していた。まるで生き物だ。
 白鳥はもういない。4月だもんな。シベリアに行ったんだ。カモは白っぽいのや、緑っぽいのが一緒になって泳いでいる。
 川の淵を歩き、松林の中をぶらぶらと歩く。強風で枝が無惨なほど折れて地面をおおっている。
 おっ! こんなところにカシワの木が。(ほら! やっぱり葉が落ちないだろ。不思議だよね)
かしわ

 小鳥がさかんに鳴いている。きれいな声だ。なんだろう? 川ぞいのほうの雑木の上だ。どこだどこだと一生懸命見てたらまた大口あけて、よだれタラタラ・・。これだから誤解されるんだよな。ぼくのこと逮捕しないでね。 
 ねこやなぎはまだちょっとしかふくらんでいない。

ねこやなぎ雪の福寿草

 三日前も雪だった。北国の春は千年万年ゆっくりねん。
スポンサーサイト
| 塩の道草(京コ) | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。