12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-26 (Fri)
本が好き。
小さいときから本が大好き。
本はどこにでも私をつれていってくれる。
なぐさめたり、励ましたり、未知の世界にいざなったり、
叱ったり、気づかせたり、本からたくさんのことをまなんだ。

とっても好きな絵本がある。

『青い花』安房直子・作/南塚直子・絵
                 
たくさんある絵本の中でどうしても手放せない一冊といわれたら
この本。
やさしくて、あったかくて、こころにぽっと灯がともり
一日がみちたりてくる。
人間弱くてもいいのだな、そんな気にさせる。
安房直子の童話はふかくてかぎりなくやさしい。
南塚直子の幻想的でソフトな絵と融合することで、
こころに響く傑作絵本が、何冊もうまれた。

春のはじめ、風は冷たい。
こんな日は、安房直子の絵本をひらいて、ほっとこころをあたためよう。

あじさい
青い花はまだまだ先だけど・・・

福寿草
福寿草は満開・・・

水仙の芽
水仙もすくすくのびている。

スポンサーサイト
| 絵本を胸に本を手に(京コ) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。