12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-14 (Fri)
久慈港1/11 久慈港


またまたブログを書けないでいて、開いてみたら「まあぁぁぁ!! 拍手が5つも。
正直びっくりしました。
わたしの仲良しの友だちはパソコン音痴なのでまず、そんなことするはずないし、ときどき気にかけてくれる人が一人か2人、拍手くれるんだけど・・・・。
なんだかうれしくて、くしゅくしゅっとなっちゃった!
どうも、ありがとうです!! ほんとに、うれしいです。
ぐじゅぐじゅに負けないで、また書こうって、おもいます。

埠頭 ふ頭(ユーミンのふ頭をわたる風ってあったわね)

前回、森博嗣の「自由をつくる自在に生きる」をちょっと紹介しようかなとおもいつつ、ついつい本音がでちゃって詩書いちゃった。
まあ、そんぐらい今のわたしの日常が自由じゃないということなんだけど、だけどだけど、がまんするだけじゃあね、女がすたるもんね。とまあ、鬼嫁は考えるのです。
実は、ひと月ほど前から鬼嫁を宣言したのですが、腰砕けの鬼嫁なのでいつまでたってもお姑様にはかないません。はい、あっぱれお姑様です。

釣り人1人この日釣り人はひとり
久慈港リス なぜかリス

さて、本題です。
「自由とはなんだろうか。それは、単に義務がない状態のことではない。何でもしてよいと放り出された状況のことでもない。自分の思いどおりになること――これが「自由」なのだ。当たり前に思えるかもしれないが、人生をよりよく生きるポイントなのである。」
赤線いろいろ引いてたけど、ま、簡単に、表紙の裏の文をコピりました。

ふ頭の木青い空に裸木その梢のむこうに白い月が
スポンサーサイト
| 絵本を胸に本を手に(京コ) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。