FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-12-16 (Thu)
久慈港 久慈港


朝からコツコツとなにかたたく音がして、おやっとおもう。窓をあけると、いたいた、きつつきさんが。
家のまわりに積み上げてある薪をつついているのだ。
赤い帽子のコゲラである。
小鳥が庭にやってくる季節になった。

まき

きのうは、とっても寒かった。
4時頃、用事があって久慈にむかったときの気温はー3度。
北風がピューピユー鳴っていた。

秋葉

毎日、仏様にご飯をあげている。
12月25日が35日。その日は魂入れをする日。
仏様をまもるということは、冬の朝のようにキリッとした緊張がある。
武鹿先生からハガキがきた。「そうした一つ一つの節目が人生を創ってゆきます。人間を成長させてゆきます」その文面に励まされる。

港ぷらぷら

本をまともに読んでいなかったので、まとめて4冊、一気読みをする。
佐野洋子の「そうはいかない」と「シズコさん」。
ひさかたぶりの白石一文の本「ほかならぬ人へ」と「この世の全部を敵に回して」
以上4冊、本に耽溺して日常を手探りしている。

だれもいない久慈港のまわりは誰もいない・・絶好の散歩コース

スポンサーサイト
| 絵本を胸に本を手に(京コ) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。